子宮筋腫 ホルモンバランス

子宮筋腫とホルモンバランス

子宮筋腫の原因としてホルモンバランスの崩れがあります。
ホルモンバランスの崩れとは、女性ホルモンの
「エストロゲン」と「プロゲステロン」のバランスが崩れることです。

 

エストロゲンとは、卵胞から分泌される女性ホルモンです。
乳房が大きくなったり、わき毛や陰毛を生えてきたり、女性らしい
ふっくらした体格になったりするのは、エストロゲンの働きです。

 

プロゲステロンも女性ホルモンの一種で
排卵後の卵胞(黄体)から分泌されます。
妊娠した後の子宮の発育や成長をコントロールする
女性ホルモンです。